§ナノ学会第3回大会のお知らせ
§独立行政法人国立環境研究所 博士研究員公募!!!
§九州大学大学院工学研究院応用化学部門助教授公募!!
§フラーレン若手の会・第7回セミナーのお知らせ
§ご変更のお手続きはお済ですか?
§「所属のアップデートのお願い」





・ナノ学会第3回大会のお知らせ

主催: ナノ学会第3回大会実行委員会、ナノ学会
日時: 2005年5月8日(日)〜10日(火)
場所: 仙台市民会館(980-0823 仙台市青葉区桜ヶ岡公園4番1号 電話022-262-4721)
主題: ナノメートルスケールの物質系が示すサイズ効果に関する本質的理解の現状と、ナノサ
イエンスとしての進展性及びナノテクノロジーへの将来的応用方向について、産学に属
する研究者が結集して、それぞれの立場から幅広く討論し、共通理解を深めることを目
的とする。
分野: クラスター、超微小分子集合体、超微粒子材料、超微細構造体、生体関連分子など、ナ
ノスケール物質系の生成や物性・反応性に関わる物理学、化学、生物学、医学及び薬学
などの研究
プログラム:白川英樹博士特別講演(筑波大学名誉教授・ノーベル化学賞受賞者)、パネルディス
カッション、ナノメディスン(部会長:大内憲明 東北大学大学院医学系研究科教
授・東北大学病院副病院長)一般講演、ポスター発表等。
参加費:事前参加登録:会員7,000円非会員8,000円学生会員3,500円学生非会員4,000円
(当日は1,000円増、学生500円増。)
予稿締切:2005年2月末
連絡先:980-8577仙台市青葉区片平2-1-1
東北大学金属材料研究所 川添研究室内
ナノ学会第3回大会実行委員会 (担当 宮原)
電話022-215-2054 Fax022-215-2052
e-mail:nano2005@imr.edu
詳細はhttp://www.nano2005.imr.edu/参照


--------------------------------------------------------------------------------


・独立行政法人国立環境研究所 博士研究員公募!!!

研究内容:
「飛行時間型質量分析法を用いた大気中揮発性・半揮発性有機化合物のオンライン測定手法の開発に関する研究」
(環境省環境技術開発等推進費プロジェクト)

募集人員:1名。

必要とする専門分野等:以下のいずれかに該当する方。
(1)大気化学および物理化学に関する高い関心と知識を有すること。
(2)質量分析技術・真空技術に精通し測定装置の設計・製作が行えること。
(3)観測機器や実験装置の開発に携わった経験があること。
(4)特に、飛行時間型質量分析計の製作経験者、イオン-分子反応の知識
又は電気回路・エレクトロニクスの知識のある方を歓迎。

応募資格:採用時に博士の学位を有すること。

採用予定時期:平成17年4月1日。

任期:採用日より平成18年3月30日まで。研究計画と実績に応じて再任可能。

待遇:NIESポスドクフェローとして採用。給与は研究所の規定に準拠し、研究能力と経験に応じて決定。
提出書類:
(1)履歴書(写真添付、E-mail記載)
(2)研究業績目録(著書、論文、解説、口頭発表別)
(3)主要研究論文の別刷りまたはコピー
(4)これまでの研究概要(2,000字程度)
(5)研究に対する抱負(2,000字程度)
(6)所見を求め得る方2名の氏名と連絡先

問合先:
305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
独立行政法人国立環境研究所大気圏環境研究領域大気反応研究室 
谷本浩志 TEL:029-850-2930
e-mail:tanimoto@nies.go.jp
詳細は http://www.nies.go.jp/osirase/saiyo/2004/atmos1203.html を参照のこと。


--------------------------------------------------------------------------------


・九州大学大学院工学研究院応用化学部門助教授公募

募集人員:助教授1名。
所属:分子情報システム講座。
専門分野:分析化学、高分子化学、有機・無機化学、物理化学(電気化学、光化学を含む)を基礎とするナノ物質創成化学(精密分析、物性・機能解析)の領域。
学部および大学院の講義は、分析化学および関連化学分野を担当。
着任時期:決定後出来るだけ早く。任期5年(再任可)。
提出書類:(1)履歴書(写真貼付、連絡先、学歴、職歴、学位、受賞歴、社会貢献実績)
(2)業績目録(研究論文、著書・総説、特許、教育実績など)
(3)論文、総説の主要なもの10編
(4)これまでの研究概要と今後の研究計画(概念図を含め約2000字)
(5)教育、研究についての抱負(約1000字)
(6)その他(競争的資金の獲得状況など)
(7)意見を伺える方2名の氏名、連絡先。
締切:平成17年4月28日必着。

【提出先】
〒812-8581福岡市東区箱崎6-10-1 
九州大学大学院工学研究院応用化学部門長
山田 淳 宛

【問合先】
中嶋直敏
九州大学大学院 工学研究院 応用化学部門
〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1
Phone/FAX : 092-642-3602
Email: nakashima-tcm@mbox.nc.kyushu-u.ac.jp


--------------------------------------------------------------------------------


・フラーレン若手の会・第7回セミナーのお知らせ

前略
フラーレン若手の会の第7回セミナーを以下の日程で行います。
詳細につきましてはセミナーのホームページ
(http://www.u-gakugei.ac.jp/~ymaeda/7thseminar)をご覧ください。
多くの方のご参加をお待ち申しております。

申込方法:1)ご氏名、2)所属、3)職名または学年、4)連絡先住所、5)電話およびファックス番号、6)電子メールアドレス、
7)懇親会参加または不参加、以上7点についてご明記の上、学芸大・前田 (ymaeda@u-gakugei.ac.jp)までメールにてお申し込み下さい。

よろしくお願い致します。
早々

フラーレン若手の会・世話人一同

∴…∴…∴…∴…∴…∴

<フラーレン若手の会・第7回セミナー>
日時:3月22日(火)10:00〜18:30
場所:東京学芸大学講義棟S405室

プログラム
10:00-11:00 座長 前田 優(東学大)
 片浦弘道(産総研・主任研究員)「高純度カーボンナノチューブの合成と物性」
 
11:00-12:00 座長 兒玉 健(都立大)
 塚越一仁(理研・先任研究員)「Nanoscale fabrications and nanomaterial transports」

  お昼休み 1時間

13:00-15:00 座長 稲熊正康(ナノ炭素研)
 加藤立久(城西大・教授)「ESR分光法による金属内包フラーレン関連分子の分子磁性観測」

  休憩 15分

15:15-15:45 座長 鈴木信三(都立大)
 千足昇平(東大丸山研・学生)「単層カーボンナノチューブのラマン散乱の温度依存性」

15:45-16:15 座長 土屋敬広(筑波大)
 佐藤弘志(東大相田研・学生)「巨大ケ共役ホストを用いたヘテロ選択的ゲスト取り込みの新しいアプローチ」

16:15-16:45 座長 仲程 司(筑波大)
 庄子良晃(東大相田研・学生)「金属ポルフィリン環状ホストを用いた高次フラーレンの分子認識」

   休憩 15分

17:00-18:00 座長 大窪清吾(東北大)
 宮澤薫一(物材研・主任研究員)「フラーレンナノウィスカーおよびフラーレンナノチ ューブの常温合成と性質」

18:30〜 懇親会


--------------------------------------------------------------------------------


・ご変更のお手続きはお済ですか?

当研究会は、今まで会員名簿を3-4年に1回のペースで作成してきました。
新事務局になり、昨年(平成16年度)に会員名簿を作成し、会員の皆様にはお送りしました。
しかし、名簿の見直しをすすめてきたこと・新規会員増加などから、今年度も会員名簿を作成する予定でいます。

会員登録時にお届けされたご住所・所属等にご変更が生じている方は、お手数ですがご変更手続きをお願いします。
(原則、会員は自動更新されますが、学生会員から一般会員への変更手続きは必要となりますのでお知らせください)
また、会員の方で事務局からのお知らせメールが届いていない方は、今一度メールアドレスのご登録をお願いします。
4月15日(金)迄に、FAX・E-mailにてご連絡ください。
それ以降の変更手続きは、会員名簿には反映されませんのでご了承下さい。

        変更届  WORD/PDF
 
ご不明な点などございましたら、下記へお問い合わせください。
宜しくお願いします。

(お問い合わせ先)
 フラーレン・ナノチューブ研究会事務局
 井上 志保
 fullerene@nano.chem.nagoya-u.ac.jp


--------------------------------------------------------------------------------


・「所属のアップデートのお願い」

平成17年4月14日(木)
フラーレン・ナノチューブ研究会会員の皆様

3月末に会員の皆様にはメールにて、平成17年度会員名簿を作成することをお知らせし、ご変更のお手続きのお願いをしました。
現在、研究会のホームページニュース欄にも同内容を掲載しております。
ご連絡のない方については、申し訳ございませんが、変更なしとして処理させていただきますので予めご了承下さい。

さて、平成15年5月30日に「個人情報の保護に関する法律」が制定されました。また、平成17年4月1日からは、民間事業者にもこの個人情報保護法が適用されることになりました。
研究会でも、個人情報を適切に取り扱うことは、大変重要であると考えております。
研究会でのプライバシーポリシーについては、夏のシンポジウム会期中に開催する幹事会で話し合いをもち、詳細を決定し、適切に取り扱うよう努めたいと思っております。
(幹事会で承認後、決定内容をお知らせし、WEBにも掲載予定です。)

今回発行予定の名簿(冊子)は、会員同士での研究情報交換のために利用することを目的とし作成します。
掲載内容については、氏名・住所・所属・電話・FAX・E-mail・一般会員、学生会員、賛助会員です。
また、名簿は、会員のみの配布とします。なお、印刷業者へは、事務局で作成した名簿をCDで渡し、印刷完成後には責任を持って回収します。

名簿への記載そのものをご希望されない方、記載を希望しない項目(電話など)がある方は、その旨、4月28日(木)迄にFAX・E-mailにて、事務局までご連絡いただけますよう宜しくお願い申し上げます。
電話での受付は、いたしませんので予めご了承ください。

もし、近隣でこのメールを受け取っておられない方がおみえでしたら、恐れ入りますが伝聞をお願いします。

名簿発行に関してご質問などがある場合は、下記までご連絡下さい。

フラーレン・ナノチューブ研究会事務局

TEL: 052-789-5948 FAX: 052-789-1169 
E-mail: fullerene@nano.chem.nagoya-u.ac.jp

--------------------------------------------------------------------------------