フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会
(旧:フラーレン・ナノチューブ学会)
The Fullerenes, Nanotubes and Graphene Research Society
Previously known as “The Fullerenes and Nanotubes Research Society”
Copyright(c)2011. FNTG All Rights Reserved.
ホーム ニュース 学会について シンポジウム 学会賞 リンク コンタクト プライバシー
ポリシー


ニュース(公募など)

(情報は上のものほど新しいです。)

海洋研究開発機構 海洋生命理工学研究開発センター 新機能開拓研究グループ ポストドクトラル研究員公募


1. 公募人数:ポストドクトラル研究員3名

2. 所属:国立研究開発法人海洋研究開発機構 海洋生命理工学研究開発センター 新機能開拓研究グループ

3. 専門分野:JSTの研究成果最適展開支援プログラムA-STEPによる研究課題「深海極限環境に発想を得た高温・高圧技術による天然食品素材の高付加価値化」に従事。

詳細につきましては以下URLをご確認ください。
www.jamstec.go.jp/recruit/details/rcmb20161111_2.html
www.jamstec.go.jp/e/about/recruit/rcmb_20161111.html

(161020掲載)

兵庫県立大学大学院工学研究科 教員公募

1. 公募人員:助教1名(男女共同参画を推進していますので,女性研究者の応募を歓迎します.)

2. 所属:兵庫県立大学大学院工学研究科電気物性工学専攻

3. 専門分野:ナノカーボン材料等の機能性電気電子材料の創製とデバイス応用

4. 応募資格:着任時に博士の学位を有し,あるいは,着任後1年以内に博士の学位を取得する見込みがあり,
  上記専門分野の教育と研究に熱意と意欲がある方

5. 着任時期:2017年4月1日

6. 任期:5年(再任をする場合は1回を原則とし,再任後の任期は5年とする.)

7. 応募書類:兵庫県立大学ホームページからダウンロードしてご使用ください.
   URL: www.eng.u-hyogo.ac.jp/outline/koubo/index.html


8. 応募締切:2016年9月30日(金) 必着

9. 選考方法:書類審査および面接による

10.書類提出先・問い合わせ先:URL参照
   URL: www.eng.u-hyogo.ac.jp/outline/koubo/index.html

(160715掲載)

名古屋大学 大学院工学研究科 マテリアル理工学専攻 教員公募

1. 募集人員
助教 1名
2. 所属
応用物理学分野 量子物理工学講座 量子物性工学研究グループ
3. 専門分野
有機材料・ナノカーボン材料・原子層材料等の機能・物性に関する実験的研究
4. 担当科目
応用物理学に関する実験および演習等,学部・大学院の教育および研究指導
5. 応募資格
博士の学位を有し(または取得見込み),上記に関する分野の研究と教育に熱意のある方
6. 着任時期
決定次第できるだけ早い時期
7. 給与
年俸制
8. 提出書類
以下の書類を印刷物と電子媒体で提出して下さい。電子媒体はPDFファイルを記録したCD-R又はUSBメモリで提出してください。
・履歴書(写真貼付)
・研究業績リスト(査読付き学術論文,総説・解説,著書,国際会議プロシーディングス,招待講演,受賞に分類,主要論文3編に〇印)
・主要論文別刷3編以内(コピーも可)
・今までの研究の概要(2000字程度)
・今後の研究計画と教育についての抱負(2000字程度)
・外部資金の獲得状況とその他特記事項
・意見を求め得る方2名の氏名と連絡先
9. 応募締切
平成28年6月30日(木)必着
10. 書類送付先・問合せ先
464−8603 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院工学研究科 マテリアル理工学専攻応用物理学分野 主任 田仲由喜夫
電話:052-789-4447 Email: ytanaka@nuap.nagoya-u.ac.jp
「応用物理学分野教員応募書類在中」と朱書し,簡易書留で送付のこと
11. その他
個人情報は選考および採用以外の目的には使用しません。応募書類は返却しません。なお,本学では男女共同参画に配慮しています。

(160518掲載)

群馬大学大学院理工学府(分子科学部門)教員公募

【募集人員】 助教1名
【所属】 大学院理工学府 分子科学部門
【専門分野】 無機材料化学(エネルギー・デバイス関連化学)
【応募資格】 博士の学位を有する方,または,今年度博士の学位取得見込みの方で,エネルギー・デバイス関連化学の分野において
        新規炭素材料の創製を基盤とした独創的かつ先導的な研究を展開する意欲を持つとともに,大学院・学部の教育を担当できる方。
        なお,本公募の助教は,白石壮志教授と協力して教育,研究等を行う。
【着任時期】 採用決定後できるだけ早い時期
【任期】 任期5年。但し,任期中に業績評価・審査を実施し,適格となった者は任期のない教員として雇用する。不適格となった者は再任しない。定年は満65歳の年度末とする。
【提出書類】
(1) 履歴書(写真貼付,電子メールアドレスを明記)
(2) 研究業績リスト【査読付き原著論文,査読付き国際会議プロシーディング,著書,総説,特許(これらについては応募者にアンダーライン),
   招待・依頼講演,国際会議における発表・講演(これらについては発表者にアンダーライン),受賞】
(3) 主要論文の別刷5編以内(各1部,コピーでも可)
(4) これまでの研究業績概要(A4版2枚以内)
(5) 着任後の研究計画と教育に対する抱負(A4版2枚以内)
(6) 研究費取得状況(研究費の名称,研究課題名,期間,金額,代表・分担の別など)
(7) 参考意見を伺える方(2名)の氏名と連絡先
上記書類はA4版に横書きとする。

【締切】 平成28年1月18日(月)必着
【問い合わせ先・書類の送付先】
〒376-8515 桐生市天神町1-5-1 群馬大学大学院理工学府 分子科学部門長  網井秀樹
Tel/Fax:0277-30-1280
e-mail:amii@gunma-u.ac.jp
化学・生物化学科ホームページ: www.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/

書留で,封筒に「分子科学部門 教員応募(無機材料化学)」と朱書のこと。応募書類は返却しません。
尚,着任後は,学内の教員とともに,分野横断的な教育研究プロジェクトを積極的に提案・推進していただく
ことを期待します。また,群馬大学は男女共同参画を推進しており,業績(研究業績,教育業績,社会貢献等)
および人物の評価において同等と認められた場合には,積極的に女性を採用します。

(151119掲載)

首都大学東京 理工学研究科物理学専攻 助教(物性実験)公募

【募集人員】助教・1名
【所属】首都大学東京理工学研究科物理学専攻
【専門分野】物性実験。柳和宏准教授と協力して、ナノカーボン系材料を対象と し、
界面制御により創出する新規な表面物性および光物性の研究を行う。
【着任日】平成28年4月1日以降のできるだけ早い時期
【応募資格】
着任時に博士の学位を取得済みの方、または平成28年3月末までに学位を取得見込みの方。
【任期】任期5年(更新1回。更新後の任期は5年)*任期更新後、採用から10年目の審査を経て
任期の定めのない雇用となります。
【提出書類】
詳細はHPを必ず参照
○ 履歴書(様式有)
○ 研究業績リスト(様式任意)
○ 主要論文5編以内の別刷又はコピー各1部
○ 研究業績等の概要(研究、教育・指導実績、外部資金、社会貢献を含む)2,000字(様式任意)
○ 採用後の活動計画(研究、教育、社会貢献を含む)2,000字(様式任意)
○ 照会可能者2名の氏名・連絡先
※所定様式及び記入要領は下記ホームページからダウンロードしてください。
www.houjin-tmu.ac.jp/recruit_teacher/tmu.html
【公募締切】
平成27年10月23日(金)必着
【提出先】
〒192-0397
東京都八王子市南大沢1−1
公立大学法人首都大学東京 総務部人事課人事制度係
・簡易書留で一括郵送してください(郵便又は信書便に限る。なお、持参も可)。
・封筒等に「教員公募書類(2732物理・物性実験)在中」と朱書きしてください。
・応募書類は返却しません。予め御了承ください。
【問い合わせ先】
公募全般:同上 電話:042-677-1111 E-Mail: kyoinsaiyo@jmj.tmu.ac.jp
専門分野:首都大学東京理工学研究科物理学専攻長 堀田貴嗣
電話:042-677-2516  E-Mail:hotta@phys.se.tmu.ac.jp
【その他】
本学は、ダイバーシティに配慮しており、特に女性の積極的な応募を歓迎します。

(150901掲載)

東邦大学理学部化学科物理化学系物性化学教室教員公募


公募人員    講師または准教授1名
所属        理学部化学科 物理化学系 物性化学教室
専門分野    物理化学
なお,物理化学系には菅井俊樹准教授(物性教室),長谷川匡俊教授・石井淳一講師
(高分子化学教室)が在職している(平成27年4月現在)。
担当科目    学部および大学院の物理化学関連科目の講義,演習,実験
着任時期    平成28年4月1日
応募資格    博士の学位を有する方
応募締切    平成27年8月1日(金)必着
提出書類
(1) 履歴書(写真付)
(2) 研究業績リスト (査読あり原著論文,査読なし原著論文,総説,著書,国際学会
発表等に分類すること.受賞・外部資金取得状況を含む)
(3) 主要論文の別刷(5編以内)
(4) 現在までの研究・教育概要(A4版2〜3枚程度)
(5) 今後の研究に関する抱負と計画(A4版1〜2枚程度)
(6) 講義・実習等教育に関する抱負(A4版1〜2枚程度)
(7) 本人に関する所見を求め得る方 2 名の所属・氏名と連絡先(メールアドレスを含む)
(8) 上記(1)〜(7)のPDFファイルを収めた電子媒体(CD-ROM, USBメモリ等)
※書類選考の上,面接を行うことがあります。面接にあたり必要となる旅費等は応募
者の負担となります。
提出・問合先 〒274-8510千葉県船橋市三山2-2-1
東邦大学理学部化学科 主任 幅田揚一
「物性化学教員応募書類」と朱書し簡易書留で郵送のこと
電話    047-472-4322
電子メール    kobo27@chem.sci.toho-u.ac.jp
備考    応募書類により取得する個人情報は,採用者の選考を行う目的で利
用するものであり,目的以外で利用または提供することはありません。なお応募書類
は原則返却しません。返却希望の方は,返信用封筒に宛名を書き切手を貼付けて同封
して下さい。本学は男女共同参画を推進しており,女性研究者の積極的な応募を期待
しています。

(150630掲載)

名古屋大学大学院工学研究科電子情報システム専攻教員公募


公募人員:助教 1名
所属:名古屋大学大学院 工学研究科 電子情報システム専攻 電子工学分野
    (学部教育は工学部電気電子・情報工学科(電気電子工学コース)を担当)
専門分野:ナノ材料デバイス、生体デバイス、パワーデバイス、新原理デバイスなどの電子デバイス分野
応募資格:博士号取得者
任期:特に設定しない
給与:年俸制
着任時期:平成28年1月1日以降のできるだけ早い時期
提出書類:
(1) 履歴書(写真添付)
(2) 研究業績リスト
(3) 主要論文(3編)の別刷
(4) これまでの研究概要(A4版2ページ程度)
(5) 今後の研究計画および教育についての抱負(A4版1ページ程度)
(6) 応募者について照会可能な方(2名)の氏名・所属・連絡先
(7) 審査に役立つと応募者が判断するその他の事項
 (論文の引用状況、表彰、教育経験、学会及び社会活動等)
(8) 可能であれば上記(6)の 1 名からの推薦書(1通)
※ (8)以外は、それぞれ PDF 形式のファイルを USB メモリに格納し、プリントアウト1部を添えて提出すること
応募締切:平成27年8月31日必着

書類送付先:
 〒464-8603 名古屋市千種区不老町
   名古屋大学大学院工学研究科
   電子情報システム専攻長 佐藤理史
   Tel: 052-789-5716, FAX: 052-789-3146
   ※ 書留で「電子情報システム専攻教員応募書類在中」と朱書
   なお、応募書類(USB メモリ)は、返却しません
問い合せ先:
  電子情報システム専攻 教授 大野雄高
  Tel: 052-789-5387, FAX: 052-789-5387
  E-mail:yohno@nagoya-u.jp
その他:
 本公募は国際公募です。
 本学は積極的に男女共同参画を推進しています。

(150615掲載)

東邦大学複合物性研究センター 博士研究員 募集


 1.募集人員:1名

 2.募集分野 ナノ科学、電子顕微鏡観察、気相移動度質量分析、測定システム開発
   (菅井グループと共同で研究を行っていただきます)

 3.着任時期:2015年4月1日 着任時期については、相談に応じます。(随時可能)

 4.任期:1年 (業績を審査し,通算3年まで更新可)

 5.待遇:月額30万円。諸手当は支給されません。
   保険は本人の希望により私学共済への加入が可能
   研究に支障の無い範囲であれば、本研究センターおよび理学部教授会の承認を得て
   学内外通年合計2授業時間(1授業時間90分)までの授業担当は可能

 6.応募資格:博士の学位を有するか,着任時までに取得見込みの者。

 7.提出書類送付先:書類は返却いたしません。
   (博士研究員応募書類と朱書きしてください)

   ○ 履歴書、職務経歴書(E-mail, 電話番号など連絡先を明記)
   ○ 紹介可能者2名の氏名・所属・連絡先
   ○ 発表論文リスト
   ○ これまでの研究の概要(A4 1枚程度)
   ○ 抱負、研究計画書(A4 1枚程度)

 8.応募締切:2015年3月31日 まで(採用者が決まり次第公募終了)

 9.応募書類送付先:
   〒274-8510
   千葉県船橋市三山2-2-1
   東邦大学 複合物性研究センター長 幅田 揚一

10.連絡先:
   〒274-8510
   千葉県船橋市三山2−2−1
   東邦大学 理学部化学科
   菅井俊樹  sugai@chem.sci.toho-u.ac.jp

11.備考:選考の上、採否を通知いたします。
   状況により採用を見合わせる場合もあります。

(150310掲載)

首都大学東京理工学研究科 准教授公募

1.募集人数 1名
2.所属 分子物質化学専攻
3.専門分野 ナノ炭素物質の物理化学
4.担当科目 「物性化学U」など、教養科目・物理化学系の学部科目および大学院科目
5.応募資格 博士の学位を持ち、国際的な視野で研究・教育を推進できる方
6.採用年月日 平成27年4月1日以降のできるだけ早い時期
7.処遇
(1)職位・業績・職務内容に応じた年俸制
(2)退職手当は法人退職時に別に支給
8.任期 なし ※ただし、65歳となった年度の末日をもって退職となります。
9.応募書類
(1)履歴書(様式3−1)
(2)研究業績一覧(様式任意)
(3)代表的研究業績説明書(様式任意、2000字程度)
(4)教育・指導実績一覧(様式任意)
(5)外部資金実績一覧(種別、年度、獲得額、代表か分担者かを明記)(様式任意)
(6)社会貢献等業績一覧(様式任意)
(7)応募者について所見を伺える有識者複数名の氏名・肩書・連絡先を記載したリスト(様式任意)
※選考の過程で、指定した有識者の推薦書を提出していただく場合があります。
(8)採用後の教育・研究・社会貢献活動の計画(2,000字以内で作成:様式任意)
(9)代表的な論文5報の別刷りまたはコピー(各1部)
※ 所定様式及び記入要領は下記ホームページからダウンロードしてください。
www.houjin-tmu.ac.jp/recruit_teacher/tmu.html
10.提出方法
・簡易書留で一括郵送してください(郵便又は信書便に限る。なお、持参も可)。
・封筒等に「教員公募書類(2624 化学コース・物理化学)在中」と朱書きしてください。
・応募書類は返却しません。予め御了承ください。
※電子メールによる御応募は受け付けておりません。
11.提出先 〒192-0397 東京都八王子市南大沢1−1
公立大学法人首都大学東京 総務部人事課人事制度係
12.提出期限 平成26年10月31日(金)(必着)
※海外から応募される場合には郵便事情を考慮されるようお願いします。
13.選考方法 1次選考:書類選考
2次選考:1次選考通過者に対して、11月以降に面接及び研究報告を行います。
なお、時間・場所等の詳細は、別途1次選考通過者に御連絡します。
※2次選考にあたり必要となる旅費・滞在費等は応募者の負担となります。また、合否は当該部局から通知されます。
14.問い合わせ先
◎公募全般に関すること
首都大学東京 総務部人事課人事制度係
TEL 042-677-1111(内)1027,1028
E-Mail  kyoinsaiyo@jmj.tmu.ac.jp
◎専門分野に関すること
首都大学東京理工学研究科分子物質化学専攻
教授・城丸春夫
TEL 042-677-2533
E-Mail shiromaru-haruo@tmu.ac.jp
15.備考 本学は、ダイバーシティに配慮しており、特に女性の積極的な応募を歓迎します。
本学のダイバーシティへの取組については、以下を御参照ください。
(ダイバーシティ推進室)www.comp.tmu.ac.jp/diversity/index.html

(140808掲載)

■近畿大学理工学部教員募集

募集学科 理学科化学コース
専門分野 物理化学
担当科目 理学科化学コースの物理化学系講義、実験・実習科目、卒業研究など
募集人員 1名
任用職名 講師または助教
任用予定日 平成27年4月1日
応募資格
 (1) 博士(またはPh.D)の学位を有する方
 (2) 心身が健康であり、教育・研究に熱心な方
提出書類
 (1) 履歴書(写真貼付)【本学部所定の様式】
 (2) 研究業績集計表(著書、学術論文,国際会議録、講演発表論文、特許などの業績)【本学部所定の様式】
 (3) 研究業績書【本学部所定の様式または任意の書式】
 (4) これまでの研究概要(A4 2000字以内 任意の書式)
 (5) 主要論文の別刷(5編、コピー可)
 (6) 本学における今後の教育・研究に対する抱負(A4 2000字以内 任意の書式)
 (7) 推薦書(自薦も可)、または当方から応募者に関する問い合わせ可能な2名の方の連絡先
 (8) 連絡先(電話番号、Eメールアドレス)
※本学所定の様式は以下よりダウンロードしてください。
    www.kindai.ac.jp/about-kindai/employment//
応募締切日 平成26年8月30日(必着)
選考方法
 第一次選考 書類選考(結果は、9月中旬に本人宛に通知します)
 第二次選考 面接選考(セミナーおよび模擬講義)
       (選考日は本人宛に通知します)
待遇等 本学給与規定による。
書類提出先
 〒577-8502 東大阪市小若江3−4−1
 近畿大学理工学部理学科化学コース 主任 中口 譲
※提出書類を厳封の上、「教員応募書類(理学科化学コース)」と朱書きし、簡易書留でご送付ください。
※後日健康診断書の提出をご依頼する場合がありますので、予めご承知ください。
※提出書類は原則として返却いたしませんが、返却を希望される場合にはその旨を明記し、返送用封筒(宛名を記載・切手を添付)を同封ください。
  個人情報保護 応募書類に記載いただいた住所,氏名その他の個人情報につきましては、安全管理のため必要な措置を講じております。
  これらの情報については、教員採用の資料としてのみ使用いたします。
  応募に関する守秘義務は尊主します。
問い合わせ先 近畿大学理工学部理学科化学コース 若林知成
       TEL 06-4307-3408(直通) FAX 06-6723-2721(学科事務室)
       E-mail:  wakaba@chem.kindai.ac.jp
備考 第一次選考の結果、第二次選考にお越しいただく際は、本学旅費規程により、現住所の最寄り駅から本学までの
交通費を支給します。海外在住者は関西空港から本学までの交通費を支給いたします。(印鑑を持参してください)

(140625掲載)

■大阪大学大学院工学研究科 特任研究員募集

1本のカーボンナノチューブを走査プローブ顕微鏡用探針先端へ取り付けた、
特殊用途探針の開発を行っています。電子顕微鏡および付属ナノマニピュレータを
用いたナノチューブ探針の作製およびナノチューブ先端加工に関する方法論を確立し、
実用化に繋げる研究を担当する特任研究員を下記の通り募集します。
よろしくお願いいたします。

           記

1. 仕事内容:
 ・電子顕微鏡(TEM, SEM)内でのマニピュレータ操作によるナノチューブ探針作製
 ・ナノチューブ先端の特殊加工に関する基礎条件の確立および実用プロセスへの移行
 ・TEM用試料作製(機械研磨、イオン研磨など)
 ・金属材料の真空蒸着(抵抗加熱・スパッタリング蒸着など)
2. 募集人員:1〜2名、特任研究員
3. 応募資格:TEMを使用した研究に関する経験・業績を有し、
 研究を遂行する能力および研究内容への興味を有する方。
 その他、上記仕事内容に関連する実験の経験・知識を持っていることが望ましい。
3. 着任時期:採用後できるだけ早い時期
4. 任期:着任日〜2015年3月31日
5. 待遇:経験・能力を考慮し、本学の規定により決定します。
6. 提出書類:以下を各1部郵送ください。
 (1) 履歴書(写真添付,携帯電話番号・E-mailアドレス明記のこと)
 (2) 業績リスト
 (3) 今までの研究概要、
    および本募集の仕事内容に関連する実務実績に関する説明
    必要であれば論文別刷等を添付のこと
 (4) 応募者について意見を伺える方1名以上の氏名,所属,連絡先

 ご提出いただいた書類については返却できませんので、ご了承ください。
 応募に際して頂いた情報は、選考目的以外には一切使用いたしません。

7. 審査:書類審査を行います。面接試験を行うことがありますが、その場合の詳細は別途連絡します。
8. 締切:2014年4月20日 ただし、適任者が決まり次第終了します。
9. 応募書類送付先、連絡先:
 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1
 大阪大学大学院工学研究科アトミックデザイン研究センター
 平原佳織
 hirahara@mech.eng.osaka-u.ac.jp

(140318掲載)

■東邦大学複合物性研究センター博士研究員公募


 1.募集人員:1名
 2.募集分野 ナノ科学、電子顕微鏡観察、気相移動度質量分析、測定システム開発
   (菅井グループと共同で研究を行っていただきます)
 3.着任時期:2014年4月1日 着任時期については、相談に応じます。(随時可能)
 4.任期:1年 (業績を審査し,通算3年まで更新可)
 5.待遇:月額30万円。諸手当は支給されません。
        保険は本人の希望により私学共済への加入が可能
        研究に支障の無い範囲であれば、本研究センターおよび理学部教授会の
        承認を得て学内外通年合計2授業時間(1授業時間90分)までの授業担当は可能
 6.応募資格:博士の学位を有するか,着任時までに取得見込みの者。
 7.提出書類送付先:書類は返却いたしません。
  (博士研究員応募書類と朱書きしてください)
        ○ 履歴書、職務経歴書(E-mail, 電話番号など連絡先を明記)
        ○ 紹介可能者2名の氏名・所属・連絡先
        ○ 発表論文リスト
        ○ これまでの研究の概要(A4 1枚程度)
        ○ 抱負、研究計画書(A4 1枚程度)
 8.応募締切:2014年3月31日 まで(採用者が決まり次第公募終了)
 9.応募書類送付先:
        〒274-8510
        千葉県船橋市三山2-2-1
        東邦大学 複合物性研究センター長 幅田 揚一
10.連絡先:
        〒274-8510
        千葉県船橋市三山2−2−1
        東邦大学 理学部化学科
        菅井俊樹 sugai@chem.sci.toho-u.ac.jp
11.備考:選考の上、採否を通知いたします。
        状況により採用を見合わせる場合もあります

(140131掲載)

■九州大学大学院工学研究院 助教公募


1.募集人員  助教 1名
2.所属   応用化学部門(応化分子)分子情報システム講座
3.専門分野  ナノ物質創成化学
4. 担当授業  物質科学工学実験など
5.着任時期  採用決定後できるだけ早く(可能であれば平成26年4月1日)
6.任期   なし
7.応募資格 博士の学位を有し、ナノカーボン(カーボンナノチューブ、グラ
フェン等および関連分野で、革新的な研究開発に意欲的な人。
ナノカーボン、(燃料)電池関連研究、機能材料合成・解析の経験
        がある方が望ましい。
8.提出書類
(1) 履歴書(書式自由、写真貼付、連絡先、学歴、職歴、学位、受賞歴など)
(2) 業績リスト(研究論文、著書・総説、特許,競争的研究資金の獲得状況などに
   分けて記載のこと)(A4にて)
(3) 主要論文別刷(5編以内、各1部、コピー可)
(4) これまでの主要研究の概要と今後の研究・教育に関する抱負意欲(2,000字程
度)(A4にて)
(5) その他参考となる資料(学会活動、社会貢献実績など)(A4にて)
(6) 参考意見を伺える方2名のお名前および連絡先(e-メール宛先)
9.応募期限  平成26年1月24日(金)(必着)
10.応募書類の提出先
   〒819-0395 福岡市西区元岡744
   九州大学大学院工学研究院応用化学部門(分子教室主任) 中嶋直敏 宛
※ 封筒の表に「応用化学部門教員応募書類」と朱書きし、速達簡易書留で送付し
てください。
11.問い合わせ先
九州大学大学院工学研究院応用化学部門分子情報システム講座
教授 中嶋直敏
         TEL: 092-802-2840  FAX:092-802-2840
         E-mail: nakashima-tcm@mail.cstm.kyushu-u.ac.jp
12. 備考 @ ヒアリングにおいで頂く場合があります。
A 九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号)
の精神に則り教員の選考を行っています。
B 九州大学大学院工学研究院応用化学部門(分子)の詳細はHPをご参
照下さい。
www.cstm.kyushu-u.ac.jp

(131210掲載)

■ERATO磯部縮退π集積プロジェクト 研究員募集


募集人員:ERATO磯部縮退π集積プロジェクト研究員
       (助教・ポスドク相当任期有り)数名
機関名:東北大学
分野等:合成化学を基盤として,構造有機化学・超分子化学・材料科学分野に波及効果のある物質の
        創製およびその構造と機能の物理有機化学的研究を 一貫して行える研究者.
        とくに芳香族連結分子に関する創成・機能探索研究に相応しい専門性を有していること.
雇用形態: (1)年俸制給与,
       (2)助教:常勤・任期2年;ポスドク:常勤・任期1年
       いずれの職位も評価により更新し,2018年度まで最長5年任期
        URL:www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/
           www.orgchem2.chem.tohoku.ac.jp/
勤務地住所: 〒980-8577 仙台市青葉区片平二丁目1-1
           東北大学原子分子材料科学高等研究機構内
           ERATO磯部縮退π集積プロジェクト
応募資格:上述の専門分野で研究に意欲をもち,博士(またはPh.D.)の学位を有する,または取得見込の者.
着任時期:2014年4月1日以降のできるだけ早い時期
提出書類:
(1)履歴書(写真添付のこと)
(2)研究業績目録(原著論文,特許論文,学会発表,受賞,研究費獲得実績,その他に分類)
(3)主要論文約5編の別刷(コピー可)
(4)これまでの研究の概要(A4用紙2枚程度)
(5)研究に関する将来計画と抱負(A4用紙2枚程度)
(6)推薦書2通あるいは照会可能な方2名の氏名・連絡先
(1)~(5)は各2部,英文で記述のこと.
*(2)~(6)については日本学術振興会外国人特別研究員向けForm 2を使用しても構わない.
www.jsps.go.jp/english/e-fellow/fy2014/app_form_long_2014.html
選考内容:書類選考および面接(原則,交通費等は自己負担となります)
応募締切:2014年3月31日まで随時受付(適任者が決まり次第,募集を締め切ります)
書類提出・問合せ先:
〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-3
東北大学大学院理学研究科化学専攻
磯部寛之
電話:(022) 795-6585
E-mail:aimr.isobe[at]wpi-aimr.tohoku.ac.jp
書類は封筒に「ERATO研究員応募書類在中」と朱書の上,簡易書留で送付のこと.
電子メールでの応募を希望する場合には予め上記問い合わせに連絡の上,調整のこと.
応募書類は返却いたしません.
その他:本公募は「男女共同参画」の理念に基づくものである.WPI-AIMR については
www.jsps.go.jp/english/e-fellow/fy2014/app_form_long_2014.htmlを参照のこと.

(131011掲載)


■名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科生体情報専攻 教員募集


1.募集人数:教授、准教授または講師のいずれか1名
2.応募資格:博士の学位を有すること
3.公募分野:サステイナブルケミストリー(有機化学に基盤を持つ実験系の方が望ましい)。
  持続可能な社会の実現を目指した理系化学の研究分野。地球上の有限な化学物質
  やエネルギーを有効利用するために、また環境への負担の少ない新しい化学反応や
  エネルギー利用技術の開発を目指して、基礎的な化学研究を活発に行っている方。
  大学院教育として講義と博士前期及び後期課程の大学院生の研究指導、教養教育
  として化学の講義や自然科学実験などを担当していただきます。
4.着任時期:平成26年4月1日
5.応募書類:www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/koubo/koubo25chem.pdfをご覧ください。
6.締め切り:平成25年10月1日必着
7.選考方法:書類審査後、プレゼンテーションと面接を行う場合があります
  (面接のための旅費は自己負担となります)。本研究科は教員採用に際して、
  男女共同参画の実現に努力しており、諸事情を十分考慮して選考を行います。
8.書類提出先:   表に「システム自然科学研究科教員応募書類(化学)」と朱書し、「簡易書留」でお送り下さい。
  (提出物は原則として返却しません)。
9.応募に関する問い合わせ先:
  教員選考委員会・委員長:鎌田直子
  電話:052-872-5854 e-mail: kamada@nsc.nagoya-cu.ac.jp
10.備考:当研究科の詳細については、www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/をご覧下さい。

(130823掲載)


■新学術領域研究「原子層科学」博士研究員募集


平成25年度発足・新学術領域研究「原子層科学」では,以下の要領で,博士研究6名
を募集します。皆様のご応募をお待ちしております。

公募内容の詳細は、当新学術領域のWeb Pageを参照。
flex.phys.tohoku.ac.jp/gensisou/

1.公募人員
   6名。下記の募集枠ごとに1名ずつ選考,採用を行う。
  下記の機関で研究に従事する。
  東北大学, 東京大学(各2名),名古屋大学,物質・材料研究機構(各1名)

2.職務内容
   原子層科学に関する実験または理論的研究。領域研究推進のための業務も含む。

3.応募資格
   博士号取得者。ただし,着任までに博士号取得が確実に見込まれるものも含む。

4.任期
   着任時から平成28年3月31日まで。最大2年半。
    採用後約1年後(平成28年1月を予定)に,中間審査と評価を行う。

5.着任予定日
   平成25年10月1日から平成26年4月1日までの間でできる限り早い時期。
   平成26年3月博士号取得見込みの場合も応募可能。但し,任期は着任時期に依らず
   平成28年3月31日まで。

6. 各募集枠の受入研究機関と研究者,研究題目
    詳細は、Web Pageを参照。
    flex.phys.tohoku.ac.jp/gensisou/


X00(総括班)東北大学大学院理学研究科 齋藤 理一郎
    原子層科学の理論的研究。領域推進に関する作業の補助。

A01(合成班)名古屋大学エコトピア科学研究所 楠 美智子 
    グラフェン関連原子層の新規合成法および大面積合成法の開発

A02(物性班)東京大学物性研究所 長田 俊人
    原子層の量子物性測定と新規物性探索

A03(応用班)東京大学大学院工学系研究科 長汐 晃輔
    複合原子層の界面特性理解と原子層デバイスへの応用

A04-1(理論班)東北大学大学院理学研究科 越野 幹人
    原子層の電子物性、量子輸送および光物性の理論

A04-2(理論班)物質・材料研究機構 若林 克法
    原子膜系におけるナノ構造の電子物性に関する理論・計算

(130716掲載)


■法政大学 生命科学部環境応用化学科 教員公募


1. 公募の職名: 教授あるいは准教授
2. 採用人員: 1名
3. 所属: 法政大学 生命科学部 環境応用化学科
4. 担当専門分野: 有機化学
5. 担当授業: 大学院、学部における有機化学関連開設科目
6. 応募資格:
 (1)博士号またはPh.Dの学位を有すること
 (2)独立した研究室を主宰し、最先端の有機化学分野の教育・研究に熱心に取り組んでいただける方
 (3)私立大学における教育・研究に熱心に取り組んでいただける方
7. 着任時期: 2014年4月1日
8. 提出書類:
 (1)履歴書 (写真貼付、教育歴に担当科目名、配当学年を記入のこと)
 (2)研究業績リスト
 (3)主要原著論文( 5編まで、コピー可)
 (4)研究業績の要約 (A4 用紙2頁程度)
 (5)着任後の教育・研究についての抱負 (A4 用紙2頁程度)
 (6)本人の能力、人柄を評価できる方2名の氏名、連絡先(住所、電話番号、FAX番号、E-mail アドレス)
 (7)上記1〜6の電子ファイル(CD-ROM、またはUSBメモリ、記名のこと)
9. 応募締め切り: 2013年7月31日(水)必着
9. 選考:書類審査の後、一部の方にはセミナー兼面接の機会を設けさせていただく予定です。
11. 送付先:〒184-8584 東京都小金井市梶野町3-7-2
       法政大学生命科学部環境応用化学科 主任 杉山賢次
    封筒に「公募書類(有機化学)在中」と朱書きし、簡易書留にてお送りください。
    応募書類は、原則として返却しません。
12.連絡先: 電子メール sugiyama@hosei.ac.jp
         電話 042-387-6139(学科主任)
         あるいは042-387-6013(環境応用化学科事務室)

(130605掲載)


■名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)物理化学研究室 助教 公募


1. 公募人員:助教1名
2. 所属部門:物質理学専攻(化学系)物理化学研究室
      篠原久典 教授
3. 専門分野:当研究室ではフラーレン、カーボンナノチューブ、グラフェン、ナノダイヤモンド関連物質を中心とする新規ナノカーボン物質
    (研究室webpage: http://nano.chem.nagoya-u.ac.jp/)に関する研究 を行っています。現在すでに、ナノカーボン分野(物理、
    応用物理、化学、材料科学、電気電子の分野を問いません)を研究している研究者を募集します。
    新しいナノカーボン物質のナノサイエンスとナノテクノロジーの開拓に意欲がある方を募集します。
4. 着任時期:4月1日以降できるだけ早い時期
5. 応募資格: 博士の学位を有するか、近い将来取得見込みの方
6. 提出書類:
 1) 履歴書
 2) これまでの研究概略(2000字以内)
 3) 論文リスト
 4) 主要論文別刷り3編以内
 5) 研究計画書(1000字以内)
 6) 本人について問い合わせ可能な方2名の氏名と連絡先
7. 公募締切:2013年1月25日(金曜日)必着
8. 書類送付先・問合せ先:
   篠原久典
   郵便番号 464-8602 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院理学研究科
   物質理学専攻(化学系)物理化学研究室
   TEL:(052)789-2482、FAX:(052)789-3661
   Email: noris@nagoya-u.jp

封筒に「助教応募書類在中」と朱書し,書留で送付のこと.

(121226掲載)



■法政大学環境応用化学科教員公募


1. 公募の職名: 教授、准教授、あるいは専任講師
2. 採用人員: 1名
3. 所属: 法政大学生命科学部環境応用化学科
4. 担当専門分野: 物理化学分野
5. 担当授業: 大学院、学部における物理化学関連開設科目
6. 応募資格:
 (1)博士号またはPh.Dの学位を有すること
 (2)独立した研究室を主宰し、先端分野の物理化学の教育研究に熱心に取り組んでいただける方
 (3)私立大学における教育・研究に熱心に取り組んでいただける方
7. 着任時期: 2013年4月1日
8. 提出書類:
 (1)履歴書 (写真貼り付け) (担当した科目名を教育歴に記入してください)
 (2)研究業績リスト
  ・論文等に係る業績
  ・競争的外部資金獲得の実績
  ・所属学会およびその活動、社会貢献実績(産学連携を含む)、受賞等
 (3)主要研究業績: 主要論文 5編まで(いずれも各1部郵送。コピー可)
 (4)研究業績の要約 (A4 用紙2枚程度)
 (5)着任後の教育研究についての抱負 (A4 用紙2枚程度)
 (6)本人の能力、人柄を評価できる2名の氏名、連絡先住所、電話番号、ファックス、番号、E-mail アドレス。
   すべての提出書類は、下記送付先に郵送するとともに、電子メールの添付ファイルとしてakashi@hosei.ac.jpまで送付してください。
9. 選考:書類審査の後、一部の方にはセミナー兼面接の機会を設けさせていただく予定です。
10. 応募締め切り: 2012年12月20日(木)必着
11. 送付先:〒184-8584 東京都小金井市梶野町3-7-2
       法政大学生命科学部環境応用化学科主任 明石 孝也
    応募書類送付に際しては、封筒に「公募書類在中」と朱書きしてください。
    応募書類は、原則として返却しません。
12.連絡先: 電子メール akashi@hosei.ac.jp
         電話 042-387-6242(学科主任)
         あるいは042-387-6013(環境応用化学科事務室)

(121101掲載)



■大阪府立大学教員公募(テニュア・トラック助教)

1. 募集人員:助教(テニュア・トラック助教) 1 名
2. 専門分野:ナノサイエンス・エレクトロニクスをベースとし、ナノカーボン関連材料を用いたデバイスに関する研究への展開が可能な方
3. 主な教育担当
工学研究科 電子・数物系専攻 電子物理工学分野
工学部 電子物理工学科・工学域 電気電子系学類
4. 担当授業科目(予定):電子物理工学実験I,II、電子物理工学英語演習など
5. 所属:学術研究院 第2学群 電子数物系
6. 応募資格
(1) 博士の学位を有し、平成25年4月1日時点で、大学における助教、博士研究員、あるいは同等職歴の経歴を2年以上有する者
(2) 平成25年4月1日時点で、学位取得後10年以内の者
(3) 平成24年12月5日時点で40歳未満であること
(4) 学校教育法第9条に規定する欠格条項に該当しない者
7. 提出書類
(1)履歴書(様式有り)
(2)研究業績等(様式有り)
(3)主要な論文5点以内の別刷り(コピー可)
(4)提出した論文の概要(各論文について200字から400字程度で作成のこと。様式不問。)
(5)これまでの研究概要(A4用紙1枚以内。様式不問)
(6)今後の教育と研究に関する抱負 (各 A4用紙1枚以内。様式不問)
(7)自己アピール(A4サイズ1枚程度、様式不問)
(8)推薦書2通、もしくは問い合わせのできる方2名の氏名と連絡先
8. 提出期限 平成24 年12 月5 日(水) (提出書類は必着)
9. 任 期 5 年
10.着任時期 平成25 年4 月1 日(予定)

書類提出先
公立大学法人大阪府立大学総務部総務人事課
〒599−8531 大阪府堺市中区学園町1番1号
※ 封筒の表に「工学研究科 電子・数物系専攻 電子物理工学分野 テニュア・トラック助教 応募書類
在中」と朱筆し、「書留」で郵送してください。

様式・詳細・その他は
http://www.osakafu-u.ac.jp/staff/index.html
参照

問い合わせ先
〔専門分野関係〕
大阪府立大学大学院工学研究科 電子・数物系専攻 電子物理工学分野
主任 藤村紀文
電話/FAX:072−254−9332
Email: fujim@pe.osakafu-u.ac.jp
〔募集全般〕
公立大学法人大阪府立大学総務部総務人事課
電話:072−254−9105

(121005掲載)


■Two Post Doctoral positions are currently available in Carbon Materials Innovation Center (CMIC) at BASF SE, Ludwigshafen, Germany

1. POSITION: Postdoctoral fellow
2.AREA OF RESEARCH: (i) Graphene synthesis (ii) Electrochemistry / Battery technology
3. QUALIFICATIONS:
(1) Degree of PhD already awarded or to be awarded by the time of appointment;
(2) No additional positions to be held other than the present one.
4. TERMS OF APPOINTMENT: 18 months full time-contractual position.
5. SALARY: To be paid according to the regulation of BASF as post-doctoral research fellow position.
6. PAPERS TO BE SUBMITTED
(These material should be sent to the following address via e-mail to shyamsundar.venkataraman@basf.com; No postal mail is acceptable.):
(1) Curriculum vitae;
(2) List of publications;
(3) PDF files of main papers up to three;
(4) Summary of research (up to about1,000 words);
(6) Recommendation letter from a supervisor or from other appropriate recommender.
(Recommendation letter should be sent from the recommender directly to the following address.)
7. DEADLINE OF APPLICATION: As soon as possible; earliest November 2012 for this year.
8. BEGINNING OF THE TERM: November 2012 or January 2013.
9. MAILING ADDRESS AND INQUIRY:
Dr. Shyam S. Venkataraman,
BASF SE Germany,
shyamsundar.venkataraman@basf.com
Phone: +49 621 60-41981 Mobile: +49 173 3798066

(120903掲載)


■首都大学東京大学院理工学研究科物理学専攻ナノ物性分野教員公募

○募集人員:准教授1名
○所属:理工学研究科物理学専攻
 勤務地:南大沢キャンパス(〒192-0397 東京都八王子市南大沢1−1)
○専門分野:ナノ物性の実験的研究。主に真庭豊教授と協力して実験的手法
 (計算機実験を含む) によりナノ構造物質の開発や物性の解明を行う。
○担当予定科目:力学、電磁気学、物性物理学などの学部科目、及び大学院講義科目。
○応募資格:大学院博士後期課程の教育及び研究指導を担当できる方。
○採用年月日:1013年4月1日
○処遇:(1)職位・業績・職務内容に応じた年俸制
     (2)退職手当は法人退職時に別に支給
○任期:任期5年(更新あり。准教授としての任用期間は15年以内。)
 *内部昇任制度あり。
 *准教授として10年の任期を経て、
  審査により、更新の回数制限がない任用となる制度があります。
 詳しくは本学ホームページを御参照ください。
 ※ただし、65歳となった年度の末日をもって退職となります。
○応募書類
(1)履歴書(様式1)
(2)研究業績リスト(様式不問)
(3)主要な研究論文の別刷・コピー5編以内各1部
(4)研究業績の概要(研究,教育・指導実績,外部資金,社会貢献を含む)
 2,000字程度(様式不問)
(5)採用後の活動計画(研究,教育,社会貢献を含む)2,000字程度(様式不問)
(6)応募者について照会可能な有識者2名の氏名・連絡先
 *選考の過程で、推薦書を提出していただく場合があります。
※所定様式(様式1)及び記入要領は下記ホームページからダウンロードすることが可能です。
http://www.houjin-tmu.ac.jp/recruit_teacher/tmu.html
○提出方法:
 ・簡易書留で一括郵送してください(宅配便可)。
 ・封筒等に「教員公募書類(物理・物性実験ナノ)在中」と朱書きしてください。
 ・応募書類は返却しません。予めご了承ください。
 ※上記取扱いのため、万一高価な書類等を送付される場合は、その点を御留意の上、
  御応募ください。
 ※電子メールによる御応募は受け付けておりません。
○提出先:
 〒192-0397 東京都八王子市南大沢1−1
 公立大学法人首都大学東京 総務部人事課人事制度係
○提出期限:1012年9月24日(月)(必着)
 ※海外から応募される場合には郵便事情を考慮されるようお願いします。
○選考方法:
 1次選考:書類選考
 2次選考:1次選考通過者に対して、11月中旬に面接を行います。
     なお、時間・場所等の詳細は、別途1次選考通過者に御連絡します。
 ※2次選考にあたり必要となる旅費・滞在費等は応募者の負担となります。
  また、合否は該当部局から通知されます。
○問い合わせ先:
 ・公募全般に関すること
  公立大学法人首都大学東京 総務部人事課人事制度係
  TEL 042−677−1111 (内)1028
  E-Mail  kyoinsaiyo@jmj.tmu.ac.jp
 ・専門分野に関すること
  首都大学東京理工学研究科物理学専攻長 政井邦昭
  TEL 042−677−2502 (直通)
  E-Mail  info-apns@phys.se.tmu.ac.jp
 物理学専攻サイト http://www.phys.se.tmu.ac.jp/
○備考
 本学は、ダイバーシティに配慮しており、特に女性の積極的な応募を歓迎します。
 本学のダイバーシティへの取組については、以下をご参照ください。
(ダイバーシティ推進室) http://www.comp.tmu.ac.jp/diversity/index.html

(120801掲載)

■首都大学東京 大学院理工学研究科教員公募

○募集人員:教授または准教授 1名
○所属:理工学研究科物理学専攻
○専門分野:広い意味での物性実験。
問い合わせ先に記載した本専攻のウェブページを参照のこと。
○担当予定科目:力学、電磁気学、物理学実験、物性物理学などの学部科目、及び大学院
講義科目を担当
○着任時期 2013年4月1日
○処遇:職位・業績・職務内容に応じた年俸制。
○任期:任期5年(更新あり)。下記※のホームページも参照ください。
○応募資格:大学院博士後期課程の教育及び研究指導を担当できる方
○ 提出書類:(1)履歴書(様式1)
(2)研究業績リスト(様式不問)
(3)主要な研究論文の別刷・コピー5編以内各1部
(4)研究業績の概要(研究,教育・指導実績,外部資金,社会貢献を含む)
  2,000字程度(様式不問)
(5)採用後の活動計画(研究,教育,社会貢献を含む)2,000字程度(様式不問)
(6)応募者について照会可能な有識者2名の氏名・連絡先
  ※所定様式(様式1)及び記入要領は下記ホームページからダウンロードすることが可能です。
 http://www.houjin-tmu.ac.jp/recruit_teacher/tmu.html
○応募締切:2012年8月20日(月)(必着)
○提出先:
 〒192-0397 東京都八王子市南大沢1−1
 公立大学法人首都大学東京 総務部人事課人事制度係
○問い合わせ先
 ・公募全般:公立大学法人首都大学東京 総務部人事課人事制度係
  TEL 042−677−1111 (内)1028
  E-Mail  kyoinsaiyo@jmj.tmu.ac.jp
 ・専門分野:首都大学東京理工学研究科物理学専攻長 政井邦昭
  TEL 042−677−2502 (直通)
  E-Mail  info-pms@phys.se.tmu.ac.jp
  物理学専攻サイト http://www.phys.se.tmu.ac.jp/)

(120702掲載)

■東北大学大学院理学研究科物理学専攻 助教公募

1. 人員:助教1名
2. 所属講座・研究グループ
 物理学専攻電子物理学講座・ナノ固体物理研究室
 Homepage: http://sspns.phys.tohoku.ac.jp/)
3. 専門分野、研究の内容
現在、ナノ固体物理研究室では、
(1)ナノ固体物質を対象とした物性物理
(2)有機半導体を対象とした界面基礎物理と電子デバイス基礎理学
 の二つの分野において、基礎物性物理とデバイス基礎物理を融合した研究を進
めている。
 今回募集する助教に関しては、分野(1)あるいは(2)の領域において、現在
のナノ固体物理研究室の研究方向に準拠した研究を共同で行って頂ける方が望ましい。
4.学部および大学院における教育
 理学部・大学院理学研究科、および全学教育に携わる。
5. 着任時期:
 決定後できるだけ早い時期 。遅くとも平成24年9月1日からの開始を希望する。
6. 任期:無し
7. 給与:東北大学給与規定にもとづく。
8. 応募資格:博士号取得者
9. 提出書類:
@ 履歴書(3か月以内の顔写真付き)
A 研究業績リスト(発表論文、国際会議招待講演、外部資金取得状況、受賞歴)
B 主要論文3編の別刷り(コピー可)
C これまでの研究と教育の概要(2,000字程度)と今後の研究と教育に対する
抱負(2,000字程度)
D 照会可能な方2名の氏名、所属、連絡先
10. 公募締切:平成24年6月29日(金)当日必着
11.書類送付先:
〒980-8578
仙台市青葉区荒巻字青葉6-3 東北大学大学院理学研究科物理学専攻
谷垣勝己
12.問い合わせ先:同上
電話022-217-6166 Fax 022-795-6470
E-mail tanigaki@sspns.phys.tohoku.ac.jp
封書に「助教応募書類在中」と朱書し、簡易書留で送付のこと。
応募書類は返却しない。
13.東北大学は、男女共同参画を推進しています。

■技術研究組合 単層CNT融合新材料研究開発機構 博士研究員 募集

1.募集人員:1名
2.募集分野:分光法によるカーボンナノチューブ物性評価法開発
赤外吸収法やラマン分光法、発光分光法などを用いたカーボンナノチューブ物性評価法の開発
(参照:http://unit.aist.go.jp/ntrc/)
勤務先は、産総研ナノチューブ応用研究センター 高度化ナノチューブチームとなります。
(参照:http://www.tasc-nt.or.jp/)
■単層カーボンナノチューブ(CNT)融合新材料研究開発機構(TASC)は
単層CNTの研究と実用化を目標とする技術研究組合で、 つくばイノベーションアリーナ−構想のコア研究領域の一つとして設立されました。
当研究チームは主にカーボンナノチューブ物性評価法の開発担当として参画しています。

3.着任時期:できるだけ早く

4.任期: 平成25年3月31日(応相談、契約更新の可能性あり)

5.給与:時給制 2,200円、2,350円、2,500円(規定により決定)
■当所規定により有給休暇制度、通勤手当制度有り、社会保険制度完備
■休日:完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始
■雇用:技術研究組合 単層CNT融合新材料研究開発機構
■勤務先:産総研ナノチューブ応用研究センター 高度化ナノチューブチーム

6.応募資格:化学あるいは物理のバックグラウンドを持ち、意欲的に研究に取り組める方。
分光実験あるいはカーボンナノチューブの研究経験を有することが望ましいが、必須ではない。

7.提出書類:
○ 履歴書(E-mail, 電話番号など連絡先を明記)
○ これまでの研究概要、業績(誌上発表、口頭発表、知的財産権、その他採用の参考になるもの)

○ 博士号を証明できる書類

以上の書類を下記アドレスへ郵送もしくは電子メールで担当者まで送ってください。

8.応募締切:2012年2月29日(水)必着

9.応募書類送付先:
〒305-8565
茨城県つくば市東1-1-1 つくば中央第5
独立行政法人 産業技術総合研究所 ナノチューブ応用研究センター
高度化ナノチューブチーム
チーム長 岡崎俊也
TEL:029-861-4173
Eメール:toshi.okazaki@aist.go.jp

10.備考:選考の上、採否を通知いたします。
状況により採用者なしの場合もあり得ます。

■九州大学大学院工学研究院応用化学部門(分子システム科学センター)准教授公募

1 募集人員:准教授2名
2 所 属:大学院工学研究院応用化学部門(九州大学分子システム科学センター)
に所属し、応用化学部門教員と協力して研究・教育を行う
3 専門分野:社会的要請の高いエネルギー科学、環境化学、ナノ材料化学、バイオ
材料化学、医用工学等の分野において、分子の自己組織化などの方法
論を基盤として革新的機能を有する分子システムを設計・開発するた
めの学理を開拓する
4 担当講義:講義内容の詳細については、これまでの専門分野を考慮の上決定する。
大学院では分子システム科学に関連する講義等を担当予定。
5 着任時期:決定後なるべく早い時期
6 任 期:5年(審査により再任可、再任回数に制限なし)
7 応募資格:(1)博士あるいはPh.Dの学位を有すること
(2)専門分野に業績があり、学部・大学院学生の教育や研究指導に意欲
のある方
8 待 遇:給与及び労働条件については、国立大学法人九州大学教員就業規則
及び九州大学教員給与規程による
9 応募締切:平成24年3月31日(土)(消印有効)
10 提出書類:
@履歴書(書式自由、写真添付、e-mail アドレスを記載)
A業績リスト(原著論文、著書、総説、特許等)
B主要論文のコピー(10編以内、各一部)
Cこれまでの研究業績の概要(2000字程度)
D着任後の研究構想、教育についての抱負(2000字程度)
Eその他参考となる資料(受賞歴、学会活動、競争的資金の獲得状況、社会貢献
および産学連携の実績など)
F意見を伺える方2名の氏名、所属、連絡先(勤務先、電話、e-mail アドレス)、
応募者との関係
11 送付先・問い合わせ先:
〒819-0395 福岡市西区元岡744
九州大学 工学研究院応用化学部門・分子システム科学センター長
君塚信夫(封筒の表に「教員応募書類在中」と朱書きし、簡易書留にて郵送して
下さい。 応募書類は原則としてお返しいたしません。)
電話:092-802-2832、
E-mail: n-kimi@mail.cstm.kyushu-u.ac.jp
12 備 考:
(1)必要に応じて、別途資料を提出していただくことがあります。
(2)書類選考後、面接を行ないます。その際の旅費等はご自身で負担願います。
(3)応募書類は、原則としてお返し致しません。なお、応募書類に含まれる個人情
報は選考以外の目的には使用しません。
( 4 ) 九州大学では、男女共同参画社会基本法( 平成11 年法律第78 号) の
精神に則り教員の選考を行っています。
(5)分子システム科学センターの詳細は、http://www.chem.kyushu-u.ac.jp/~ircms/ をご参照下さい。
(6)応用化学部門機能教室
http://www.cstf.kyushu-u.ac.jp/
応用化学部門分子教室
http://www.cstm.kyushu-u.ac.jp/

(120215掲載)

■九州大学大学院工学研究院応用化学部門(分子システム科学センター)助教公募

1 募集人員:助教3名
2 所 属:大学院工学研究院応用化学部門(九州大学分子システム科学センター
に所属し、応用化学部門教員と協力して研究・教育を行う)
3 専門分野:社会的要請の高いエネルギー科学、環境化学、ナノ材料化学、バイオ
材料化学、医用工学等の分野において、分子の自己組織化などの方法
論を基盤として革新的機能を有する分子システムを設計・構築するた
めの学理を開拓する
4 担当講義:学部教育では物質科学工学実験、全学教育科目等を担当予定
5 着任時期:決定後なるべく早い時期
6 任 期:5年(審査により再任可、再任回数に制限なし)
7 応募資格:博士あるいはPh.Dの学位を有し、学部・大学院学生の教育や研究指導
に意欲のある方
8 待 遇:給与及び労働条件については、国立大学法人九州大学教員就業規則
及び九州大学教員給与規程による
9 応募締切:平成24年3月31日(土)(消印有効)
10 提出書類:
@履歴書(書式自由、写真添付)
A業績リスト(原著論文、著書、総説、特許等)
B主要論文のコピー(5編以内、各一部)
Cこれまでの研究業績の概要(2000字程度)
D着任後の研究、教育についての抱負(1000字程度)
Eその他参考となる資料(受賞歴、学会活動、競争的資金の獲得状況、社会貢献
および産学連携の実績など)
F意見を伺える方2名の氏名、所属、連絡先(勤務先、電話、e-mail アドレス)、
応募者との関係
11送付先・問い合わせ先:
〒819-0395 福岡市西区元岡744
九州大学 工学研究院応用化学部門・分子システム科学センター長
君塚信夫(封筒に「応募書類在中」と朱書し簡易書留で郵送のこと。応募書類は
原則として返却しませんので、ご了承下さい。)
電話:092-802-2832、
E-mail: n-kimi@mail.cstm.kyushu-u.ac.jp
12 備 考:
(1)必要に応じて、別途資料を提出していただくことがあります。
(2)書類選考後、面接を行ないます。その際の旅費等はご自身で負担願います。
(3)応募書類は、原則としてお返し致しません。なお、応募書類に含まれる個人情
報は選考以外の目的には使用しません。
(4)九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号)の精神に則り
教員の選考を行っています。
(5)分子システム科学センターの詳細は、http://www.chem.kyushu-u.ac.jp/~ircms/ をご参照下さい。
(6)応用化学部門機能教室
http://www.cstf.kyushu-u.ac.jp/
応用化学部門分子教室
http://www.cstm.kyushu-u.ac.jp/

(120213掲載)

■産業技術総合研究所ナノシステム研究部門研究職員公募

1.公募人員:下記公募課題各1名
2.公募課題:(1)ナノカーボン材料の分離、理論、計算科学技術の開発、(2)機能性ナノ
粒子の大量製造・素子化技術の研究開発、(3)柔効エレクトロニクス素子の研究開発、(4)
ソフトマテリアルの自己組織化を利用したナノ構造材料やデバイスの研究開発、(5)放射
性物質の除染に関する研究開発
3.応募資格:博士号取得者(取得見込みを含む)。詳細は6.のURLを参照
4.着任時期:2013年4月1日
5.任期:5年(審査を経てパーマネント化可能)。但し公募課題(2)は任期の定めなし
6.提出書類等詳細は以下のURLを参照:
http://www.aist.go.jp/aist_j/humanres/02kenkyu/3_nanotech.html#koumoku4
7.応募締切:2012年4月27日[金](但し複数の課題に応募する場合は4月13日[金])
8.連絡先:産総研ナノシステム研究部門長 八瀬清志 電話029-861-6306
Email: k.yase@aist.go.jp

(120208掲載)

■東邦大学理学部化学科 博士研究員 募集

1.募集人員:1名
2.募集分野 ナノ科学、質量分析、気相移動度、測定システム開発
(菅井グループと共同で研究を行っていただきます)
http://nano.chem.sci.toho-u.ac.jp/ 参照
3.着任時期:2012年4月1日
4.任期:1年 (業績を審査し,通算3年まで更新可)
5.給与:月額30万円。諸手当は支給されません。
保険は本人の希望により私学共済への加入が可能
6.応募資格:博士の学位を有するか,着任時までに取得見込みの者。
7.提出書類送付先:書類は返却いたしません。
○ 履歴書(E-mail, 電話番号など連絡先を明記)
○ 業績目録
○ 研究計画書(A4 1枚程度)
8.応募締切:2012年2月25日(土)必着
9.応募書類送付先:
〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
東邦大学理学部化学科
学科主任 高橋正
TEL 047-472-4186
takahasi@chem.sci.toho-u.ac.jp
10.備考:選考の上、採否を通知いたします。
  状況により採用を見合わせる場合もあります。

(120126掲載)

■九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)教員公募

概要:九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)は、文部科学省の
世界トップレベル研究拠点プログラムに選定された研究機関です。
I2CNERの教員及び研究者は、CO2の排出削減と水素社会の実現に向けた基礎科学を創出し、持続可能で
環境調和型の社会の実現に貢献するという研究所のミッションに取り組んでいただきます。
九州大学伊都キャンパスには、多くの最新型の実験施設やコンピュータ施設が設置されています。

応募資格:教員は、I2CNERのミッションに適し、それを推進する精力的な研究プログラムを開始し、
実施することが期待されます。教員への応募者は、その研究成果が国内外に十分認識・評価されている必要が
あります。ポスドク研究者は、その専門・教育分野に応じた研究グループに参加していただくことになります。

I2CNERでは、現在次の分野の専門知識を有する方を募集しています。
1. エネルギーアナリシス分野の専門知識を有する方。
これは、現在のエネルギー資源・プロセス・需要・使途・コスト・効率・温室効果ガスの排出や、将来可能となるエネルギーシナリオ
についての研究を行うもので、特に、将来のエネルギー需要を満たす低炭素エネルギーシステムについて予想されるコストや
利用可能性などの研究に力点を置く分野です。応募者は、以下のいずれかに該当するものとします。
・エネルギーアナリシス分野に関する知識と経験を有していること
・エネルギーの需要・原価計算・効率および温室効果ガスの排出モデルについて習熟していること
  −個々のプロセスに関する知見を基盤とし(例:光発電)、地域・国家レベルの多様で競争力のあるエネルギープロセスに
関するものに基づくことが望ましい。
・種々のエネルギー供給経路について知識を有していること
  −例:石炭輸入、石炭火力発電、住宅・商業施設・輸送部門での電力消費
・再生可能エネルギー技術に関する知識を有していること
  −例:風力発電を利用した水の電気分解による水素製造および燃料電池車での水素利用、輸送用バイオ燃料を
製造するためのバイオマス
2. 次の分野の物理学、化学、機械、材料等に関する実験・計算の専門知識を有する方。
・水素脆化(力学・疲労と破壊・材料・トライボロジー)
・効率的な物質変換化学
・二酸化炭素の分離・濃縮に関する基礎科学
・二酸化炭素の地中・海底下・海洋貯留(CCS)に関する応用(または基礎)科学
・水素や二酸化炭素の熱物性
・太陽光水素製造

提出書類:応募者は、以下の書類を提出してください。
1)カバーレター
2)応募用紙(ウェブサイト上に掲載)
3)履歴書(研究経験、関心事項の詳細を記載すること)
4)研究計画書(ウェブサイト上に掲載)
   a.注:分野により書式が異なります。エネルギーアナリシス分野は書式1を、その他の分野
は書式2を使用のこと
5)論文リスト
   a.査読付ジャーナルと国際会議予稿等とは別にすること
6)応募者の研究内容等について照会が可能な者4名の氏名と連絡先
*書類はすべて英語で記載して下さい。

給与・着任予定日: 年俸は、適性や経験等を考慮して決定します。採用が決まり次第着任予定日を決定します。

応募締切:2011年11月30日(水)17時(日本時間)必着。
締切前に面接を実施する場合がありますが、採用の決定については締切以後となります。

書類提出先:電子データを添付し、下記のメールアドレスへ送信してください。
E-mail: wpi-office@i2cner.kyushu-u.ac.jp
お問合せ先:応募方法等に関するお問合わせはこちらまでお願いします。
九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
住所:〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL: 092-802-6932 FAX: 092-802-6939
wpi-office@i2cner.kyushu-u.ac.jp

公募の詳細:http://i2cner.kyushu-u.ac.jp/ja/recruit/recruit.php

その他:九州大学では、男女共同参画社会基本法の精神に則り、教員等の採用を行っております。

(110823掲載)

■九州大学 研究員(学術研究員/非常勤研究員)募集

当グループでは、「最先端・次世代研究開発支援プログラム(グラフェンの
成長制御と加工プロセスを通じたカーボンエレクトロニクスへの展開)」を
推進していただける、研究に対する熱意を持った研究員を若干名募集しております。
ご興味のある方の連絡をお待ちしています。

研究内容:グラフェンに関する研究
(当グループで合成している高品質グラフェンを中心に研究を展開していただきま
す)

募集人員: 先導研学術研究員*(業績により特任助教の称号付与の可能性あり)、
もしくは非常勤研究員*(ポスドク研究員)、1−2名
*これまでの経歴と業績により判断させていただきます

応募資格:
・採用時において博士号取得後7年以内であり、研究に熱意をもって取り組める方
・専門は問わないが、実験を行えること
・ナノカーボンに関する経験は問わない

給与:
九州大学の規定、及び、これまでの研究経験により決定

募集期間:
2011年8月1日〜2011年9月30日

着任時期:
2011年10月頃(開始日はフレキシブルで、来年度からでも対応できます)

契約期間
1年間(更新可)

選考方法:
書類選考(場合によっては面接あり)

提出書類(メール添付か郵送のこと):
@履歴書(必ず写真添付のこと)
A業績リスト(論文発表、口頭発表、知的財産権、その他採用の参考になるもの)
Bこれまでの研究概要と研究提案(A4 1-2頁程度)
C照会可能な方2名の氏名と連絡先
応募締切 2011年9月30日 (決まり次第、締切の予定)

連絡先:
〒816-8580 福岡県春日市春日公園6-1 九州大学 先導物質化学研究所 吾郷浩樹
Tel: 092-891-5436
E-mail:ago@cm.kyushu-u.ac.jp
http://nano.cm.kyushu-u.ac.jp/ago/

(110823掲載)

■名古屋大学研究員募集

募集の背景:
 NEDO支援の産学官連携プロジェクト
 「低炭素社会を実現する超軽量・高強度融合材料プロジェクト」中
 名古屋大学分担テーマである「ナノチューブの基盤的技術の研究、
 「ナノチューブの基盤的技術の研究、
 気相成長による高品質単層CNTの量産化の試み」
 に従事する研究員の募集。

仕事内容:
 CVD法による単層CNTの新しい気相中成長法の確立。
 XRD、TEM, SEM, ラマン分光、TGAによる物性評価、
 他、装置開発や雑務処理等。

勤務形態:
 常勤(任期あり)

着任時期:
 随時

待遇・給与:
 名古屋大学規定に基づき、能力・経験等により決定

勤務形態:
 名古屋大学規定に基づく
 (交通費支給、雇用保険、健康保険有)(委細は面談時に相談)

提出書類:
 @ 履歴書(写真貼付・電子メールアドレス記載)
   *採用時には改めて規定の書式にて記載要
 A 研究業績(発表論文リスト含む)(書式自由)

  注:封書に「応募書類在中」と朱書きのこと
  注:原則、書類返却はいたしません。
    審査終了後、当スタッフの責任のもと、破棄致します。
    また書類は厳正な管理のもと、当プロジェクトスタッフのみが拝謁し、
    正当な理由無く第三者への開示・譲渡および貸与は一切ありません。
    資料返却要の方はその旨御記載の上ご送付下さい。

選考方法:
 書類選考。必要に応じて面接試験。

応募先:
 〒468−8502
 愛知県名古屋市天白区塩釜口1−501名城大学
 (名古屋大学特別招へい教授兼務)飯島澄男

連絡・問い合わせ先:
 電話&Fax 052-834-4001(飯島澄男もしくは秘書(齋藤)まで)

(110714掲載)


■東北大学大学院理学研究科物理学専攻教員公募

* 公募する職名・人数: 助教1名
* 所属講座: 固体統計物理学講座
* 職務内容: 統計物理学・物性理論の研究と教育に従事する
* 着任時期: 採用決定後の出来るだけ早い時期、遅くとも2012年4月1日まで
* 任期: なし
* 応募資格:博士の学位を有するか着任時までに取得見込みの方

* 提出書類(すべて川勝教授宛に電子メールにて提出のこと)
 (1) 履歴書
 (2) 論文リスト(主要論文に3位までの自己評価順位をつける)
 (3) 研究業績説明(1000字程度)
 (4) 研究計画(1000字程度)
 (5) 主要論文のPDFファイル(3編以内)
 (6) 着任可能時期
 (7) 推薦書(2通まで) (推薦者から直接 川勝教授まで電子メールで送付すること)

* 応募締切: 2011年7月29日(金) 必着
* 応募書類提出方法
    電子メールにて以下のアドレスに送信のこと

    固体統計物理学講座助教人事委員会 
    委員長 川勝年洋
    kawakatu@cmpt.phys.tohoku.ac.jp
    電子メールの Subject は  
        人事公募応募 物理学専攻 応募者氏名
    とすること

    応募メール受理後数日以内に受理の連絡の電子メールを送信するので、
    受理通知が届かない場合には確認すること

*連絡・問合せ先:
   〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6番3号
   東北大学大学院理学研究科物理学専攻 川勝年洋
    電話・ファックス: 022-795-6438
    電子メール: kawakatu@cmpt.phys.tohoku.ac.jp

*その他
    申請書類は返却しません


■法政大学生命科学部環境応用化学科教員公募

1. 公募の職名: 教授、准教授、あるいは専任講師
2. 採用人員: 1名
3. 所属: 法政大学生命科学部環境応用化学科
4. 担当専門分野:物理化学分野 1名
5. 担当授業: 大学院(工学研究科物質化学専攻)、学部における物理化学関連開設科目
6. 応募資格:
(1)博士号またはPh.Dの学位を有すること
(2)独立した研究室を主宰し、先端分野の物理化学の教育研究に熱心に取り組んでいただける方
(3)私立大学における教育・研究に熱心に取り組んでいただける方
7. 着任時期: 2012年4月1日
8. 提出書類:
(1)履歴書 (写真貼り付け) (担当した科目名を教育歴に記入してください)
(2)研究業績リスト
・論文等に係る業績:学術誌に発表した査読付論文、著書、国際会議プロシーディングス、解説・総説、作品、招待講演、その他(特許・発明・考案等)に分類し、全著者名を掲載順に記載
・競争的外部資金獲得の実績:科学研究費補助金(代表と分担に分ける)、共同研究・受託研究、公募研究資金等に分類して記載
・所属学協会およびその活動、社会貢献実績(産学連携を含む)、受賞等
(3)主要研究業績: 主要論文 5編まで(いずれも各3部郵送。コピー可)
(4)研究業績の要約 (A4 用紙2枚程度)
(5)着任後の教育研究についての抱負 (A4 用紙2枚程度)
(6)本人の能力、人柄を評価できる2名の氏名、連絡先住所、電話番号、ファックス番号、電子メールアドレス
すべての提出書類は、下記送付先に郵送するとともに、電子メールの添付ファイルとしてishigaki@hosei.ac.jpまで送付してください。
9. 選考:書類審査後、一部の方にはセミナー兼面接の機会を設けさせていただく予定です。
10. 応募締め切り: 2011年8月4日(木)必着
11. 送付先:〒184-8584 東京都小金井市梶野町3-7-2
法政大学生命科学部環境応用化学科主任 石垣 隆正
応募書類送付に際しては、封筒に「公募書類在中」と朱書きしてください。応募書類は、原則として返却しません。
12.連絡先: 電子メール ishigaki@hosei.ac.jp, 電話 042-387-6134(学科主任)
あるいは 042-387-6013(環境応用化学科事務室)

(110603掲載)


■首都大学東京大学院理工学研究科助教募集

【職名】 助教1名
【所属】 理工学研究科物理学専攻
【分野】 物性実験(ナノ物性分野)
【着任時期】 2011年7月1日
【任期】 5年(更新あり)
【応募資格】 博士号を有すること(取得見込みのものを含む)。  
現在の専門は問わないが,ナノ物性に関する実験的研究と学部・大学院の物理教育に
熱意を持って取り組んでいただける方。
【提出書類】  ○履歴書(様式有)  ○査読付き論文のリスト  ○主要研究論文の別刷り・コピー3編以内(各1部)  
○活動業績の概要:2000字以内  ○採用後の活動計画(研究・教育・社会貢献を含む):2000字以内
○照会可能者2名の氏名・連絡先。
【公募締切】 2011年3月31日(木)(必着)
【書類送付先@と問合せ先A】
@〒192-0397東京都八王子市南大沢1-1 公立大学法人首都大学東京 総務部人事課人事制度係  
A公募全般については上記人事制度係(TEL 042-677-1111(内)1028,E-Mail kyoinsaiyo@jmj.tmu.ac.jp)
専門分野については物理学専攻  真庭豊(TEL 042-677-2490, E-Mail maniwa@phys.se.tmu.ac.jp) http://www.comp.tmu.ac.jp/nanotube/  

封筒に「教員公募書類在中(物理助教)」と朱書し,簡易書留で送付(宅配便可)。  
書類様式など公募の詳細は   http://www.tmu.ac.jp/kikaku/employ/tmu_teacher.html

※応募書類は,本応募の用途に限り使用し, 個人情報は正当な理由なく第三者への開示,
譲渡及び貸与することは一切ありませ ん。

(110222掲載)


■東邦大学理学部化学科博士研究員募集

東邦大学理学部化学科では、下記のように平成23年4月1日着任の博士研究員2名を募集いたします。
公募分野は化学全般です。

・募集分野  化学全般(詳細は化学科ホームページ参照)
http://www.chem.sci.toho-u.ac.jp/course/post_doctral_fellow.html

・募集人員  博士研究員 2名
・任期 1年(研究業績審査により1年単位で2回まで更新可)
・着任時期  平成23年4月1日
・給与   本学規定による(月額300,000円、諸手当は支給されません)
保険は本人の希望により私学共済への加入が可能です。
・応募資格  博士の学位を有する方、または着任までに取得見込みのこと
・応募書類
1. 履歴書
2. 研究業績目録
3. 研究計画書(A4版1枚程度)
応募書類は簡易書留により郵送してください。書類は返却しません。
返却を希望するときは、返信用封筒を同封してください。
応募書類は本選考にのみ使用します。選考が終わりましたら、責任をもって破棄します。

・応募締切  平成23年1月31日(月)必着

・書類提出先・問い合わせ先
  〒274-8510  千葉県船橋市三山2−2−1
東邦大学理学部化学科
  学科主任   森山広思
電話 047-472-1211  FAX 047-476-9449
E-mail:kobo10@chem.sci.toho-u.ac.jp

・備考
定められた専任教員のもとで研究に従事することになるので、事前に化学科HPなどを参照し、
希望する専任教員に連絡を取ってください。その上で必要書類を提出していただきます。
選考の上、採否を通知いたします。

(10114掲載)


■ 東北大学大学院理学研究科物理学専攻教官公募

* 公募する職名・人数: 助教1名
* 所属講座: 固体統計物理学講座 * 専門分野: 物性理論
* 着任時期: 2011年4月1日以降の出来るだけ早い時期
* 任期: 2013年3月31日まで
* 提出書類(すべて下記の宛先に電子メールにて提出のこと)  
○履歴書  
○論文リスト(主要論文に3位までの自己評価順位をつける)
○研究業績説明(1000字程度)  
○主要論文のPDFファイル(3編以内)  
○着任可能時期  
○推薦者の氏名、連絡先(1名),あるいは本人について照会可能者の氏名,連絡先(2名まで)  
○推薦の場合には、推薦書を推薦者から直接提出先に電子メールで送付すること

* 応募締切: 2010年12月28日(火) 必着

* 応募書類提出方法 電子メールにて以下のアドレスに送信のこと     
固体統計物理学講座助教人事委員会      
委員長 川勝年洋 kawakatu@cmpt.phys.tohoku.ac.jp
電子メールの Subject は人事公募応募物理学専攻応募者氏名とすること
応募メール受理後数日以内に受理の連絡の電子メールを送信する受理通知が届かない場合には確認すること
*連絡・問合せ先:
〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6番3号
東北大学大学院理学研究科物理学専攻 川勝年洋
電話・ファックス: 022-795-6438
電子メール: kawakatu@cmpt.phys.tohoku.ac.jp

===========================================================
Announcement: A Post Doctoral position will open from 1 April 2011 in the condensed matter theory group of Department of Physics, Tohoku University

1. POSITION: Postdoctoral fellow

2. AREA OF RESEARCH: Condensed matter theory

3. QUALIFICATIONS:
(1) Degree of PhD already awarded or to be awarded by the time of appointment;
(2) No additional positions to be held other than the present one.

4. TERMS OF APPOINTMENT: Appointment terminates on 31 March 2013.

5. SALARY: To be paid according to the regulation of Tohoku University as normal assistant professorship.

6. PAPERS TO BE SUBMITTED
(These material should be sent to the following address via e-mail with the Subject
"PD position, Department of Physics, Your Name". No postal mail is acceptable.):
(1) Curriculum vitae;
(2) List of publications;
(3) PDF files of main papers up to three;
(4) Summary of research (up to about1,000 words);
(5) Research plan (up to about 1,000 words);
(6) Recommendation letter from a supervisor or from other appropriate recommender.
(Recommendation letter should be sent from the recommender directly to the following address.)

7. DEADLINE OF APPLICATION: All documents should arrive by 28 December 2010.

8. BEGINNING OF THE TERM: Earliest possible date after 1 April 2011.

9. MAILING ADDRESS AND INQUIRY:
Prof. T. Kawakatsu Department of Physics, Faculty of Science, Tohoku University, Aramaki-Aoba, Aoba-Ward, Sendai, 980-8578, Japan Tel and Fax: 81-22-795-6438 e-mail: kawakatu@cmpt.phys.tohoku.ac.jp

(101210掲載)


東北大学大学院理学研究科グローバルCOEプログラム 「物質階層を紡ぐ科学フロンティアの新展開」
助教の募集について

1. 公募人員: 助教(任期付) 1名
2. 職務内容: 物理学専攻内の物性理論、物性実験I、物性実験IIのいずれかのグループに所属し、
グローバルCOE 「物質階層を紡ぐ科学フロンティアの新展開」の遂行および研究に取り組む.
3. 採用予定日: 平成22年10月1日以降の着任可能なもっとも早い時期.
4. 任期および待遇: 平成24年9月30日まで.月額30万円程度(年俸制).
        審査の上、平成25年3月31日まで延長可.
5. 応募資格
(ア) 博士の学位を取得した者, または採用時までに博士の学位を取得見込みの者
(イ) 採用後, 助教として職務に専念できる者

6. 提出書類
(ア) 履歴書
(イ) 業績リスト
(ウ) 研究業績の概要
(エ) 研究計画、グローバルCOEプログラムへの貢献、および教育に関する抱負.
(オ) 主要論文3編程度の別刷またはコピー
(カ) ・意見書2通(別送可). を所属を希望する研究グループ名、着任可能時期を明記の上、
   下記書類送付先まで簡易書留で郵送すること。
7. 応募期限: 平成22年8月2日(月)必着
8. 選考方法: 書類選考によるが,必要な場合は面接選考を行う.
9. 問い合わせ先
物理: 平山祥郎 ( 022-795-3880; Email: hirayama@m.tains.tohoku.ac.jp)
10. 書類送付先
〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6番3号
ニュートリノ科学研究センター長 井上邦雄

封筒に「グローバルCOE 助教(物理)応募」と朱書の上, 簡易書留で郵送してください. 提出書類は返却いたしません.
意見書等でやむを得ず電子メールで送付する場合は、SubjectにグローバルCOE助教(物理)応募書類と明記し、
受領確認を得ること.

11. 備考 グローバルCOEプログラムおよび物理学専攻の研究グループに関する資料は
下記ホームページを参考にしてください.
グローバルCOE: http://www.scienceweb.tohoku.ac.jp/
物理学専攻: http://www.phys.tohoku.ac.jp/field/index.html

 注:この公募は、物理専攻の物性関係の教員のどなたのところでも助教として一緒に研究することができます。
 学会関係者としては、谷垣先生や齋藤先生などがいます。みなさまのふるっての応募をお待ちしています。


 

産総研ナノシステム研究部門(4月1日新設)人事募集のお知らせ

産総研ナノシステム研究部門(4月1日新設)では、以下の人事募集を行っております。
当研究部門は、現ナノテクノロジー研究部門と現計算科学研究部門との統合によって設立 される新研究部門です。
お心当たりがございましたら転送等お願いできれば幸いです。

(1) (独)産業技術総合研究所ナノシステム研究部門(2010年4月新設予定)
◆研究分野:ソフトマテリアルを基にした省エネ機能部材等の開発に関する高度な知識及 び
優れた研究実績を有する研究者を1名募集する。
◆着任時期:2011年4月1日
◆任期:5年(審査を経てパーマネント化可能)
◆締め切り:2010年5月14日[金](但し、複数の公募課題に応募する場合は4月23日[金])
◆連絡先:産総研ナノシステム研究部門(4月新設予定)八瀬清志
  電話:(029)861-6306  E-mail: k.yase@aist.go.jp
◆人事募集URL: http://unit.aist.go.jp/humanres/ci/02koubo/main.html
◆ナノテクノロジー研究部門URL: http://unit.aist.go.jp/nanotech/index_j.html
 (2010年4月ナノシステム研究部門に統合)

(2) (独)産業技術総合研究所ナノシステム研究部門(2010年4月新設予定)
◆研究分野:ナノレベルで機能発現する材料・多機能部材の開発推進のため、特に高付加 価値ナノ粒子、
革新的デバイス材料等に関する高度な知識及び優れた研究実績を有する研 究者を2名募集する。
◆着任時期:2011年4月1日
◆任期:5年(審査を経てパーマネント化可能)
◆締め切り:2010年5月14日[金](但し、複数の公募課題に応募する場合は4月23日[金])
◆連絡先:産総研ナノシステム研究部門(4月新設予定)八瀬清志
  電話:(029)861-6306  E-mail: k.yase@aist.go.jp
◆人事募集URL: http://unit.aist.go.jp/humanres/ci/02koubo/main.html
◆ナノテクノロジー研究部門URL: http://unit.aist.go.jp/nanotech/index_j.html
 (2010年4月ナノシステム研究部門に統合)

(3) (独)産業技術総合研究所ナノシステム研究部門(2010年4月新設予定)
◆研究分野:ナノレベルで機能発現する材料・多機能部材の開発推進のため 特に高予測 性シミュレーション等に
関する高度な知識及びシミュレーション技術等を有する研究者を 1名募集する。
◆着任時期:2011年4月1日
◆任期:5年(審査を経てパーマネント化可能) 
但し、研究業績により任期の定めのない 職員として採用する可能性あり
◆締め切り:2010年5月14日[金](但し、複数の公募課題に応募する場合は4月23日[金])
◆連絡先:産総研ナノシステム研究部門(4月新設予定)浅井美博
  電話:(029)861-5373  E-mail: yo-asai@aist.go.jp
◆人事募集URL: http://unit.aist.go.jp/humanres/ci/02koubo/main.html
◆計算科学研究部門URL: http://unit.aist.go.jp/rics/index.html
 (2010年4月ナノシステム研究部門に統合)

南 信次@産総研ナノテク部門

(100323掲載)